FC2ブログ

猫の手 お菓子作り*カントゥッチ*

今日のお菓子作りは、イタリアはトスカーナ州の郷土菓子「カントゥッチ」。

「ビスコッティ」という名で知られているようですが、トスカーナ地方では「カントゥッチ」と言うそうです。
今日はあえてカントゥッチと呼んでいきましょう。

ザクザクとした固い食感の、アーモンド入りビスケットです。
トスカーナ地方では、ヴィンサントという甘いお酒に浸して柔らかくして食べるのが一般的だそうですが、お酒が苦手な方は濃いめのコーヒーに浸して食べたり、そのまま食べても美味しいですよ。

薄力粉 170g
グラニュー糖 100g
ドライイースト 1g         
アーモンド 70g
バター 40g
卵 1個

ビス005

*薄力粉、グラニュー糖、ドライイーストはボールにいれ、混ぜ合わせる。
*卵は割りほぐしておく。
*オーブンは200度に温めておく。


①前回のスノーボールと同じ要領で、ボールに合わせておいた(薄力粉、グラニュー糖、ドライイースト)とバターを手で擦り合わせるようにしてサラサラになるまで混ぜ合わせる。
ビス012


②よく混ざったら、アーモンドをいれ全体的に混ぜ、溶き卵を入れ粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜ合わせ、ひとまとめにする。
ビス020


③生地を3等分にする。
ビス022


④等分にした生地を棒状にのばし、200度に温めておいたオーブンで15分~20分焼く。
(肉球先輩家のオーブンレンジは性能があまり良くないため、焼き時間は20分と長めでした。)
ビス025


⑥オーブンから取り出し、生地をスライスします。「お蔵入りになった猫の手」の登場です。
ビス031

☆スライスできるくらいの柔らかさでオーブンから取り出しましょう。
ただ、柔らかすぎると切っている途中にボロボロとくずれてきてしまうので、硬すぎず柔らかすぎずの所がポイントです。
ビス035


⑦スライスしたカントゥッチを広げて並べ、
ビス041


⑧オーブンの温度を150度に下げ、さらに20分程焼いたら完成です。
ビス044

ビス048

固めの食感が癖になる美味しいビスケットですよ。



↓応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 雑貨ブログ かわいい雑貨へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



猫の手 お菓子作り*スノーボール*

肉球先輩、ひそかに隠し持っている数々のお菓子レシピを公開していきたいと思います。
(時々猫の手鍋つかみも登場するよ)

第一弾は「スノーボール」にしました。
卵を使用しないので、ほろほろとした食感が楽しめるクッキーです。

バター 200g
粉糖  60g
アーモンドプードル 100g
薄力粉 240g
塩    1g

①刻んだバターをボールに入れ、常温に戻しておく。(柔らかくし過ぎない)

スノー004

②常温に戻したバターのボールに、残りの全ての材料をいれ、手でこすり合わせるようにして、バターと粉類を混ぜ合わせる。

スノー022

このようにまとまるまで。
スノー023

③オーブンを150℃に温めたら、まとめた生地を手で好みの大きさに丸めてゆく。

スノー026

④150℃で30~35分焼く。(低温で長時間、焼き色を付け過ぎないのがポイントです)

スノー028

うっすらと焼き色が付いたら焼き上がりです。ここで猫の手を忘れずに使用します。

スノー030

スノー039

⑤まだ少し温かい内に、粉糖をまぶします。

スノー042


粉糖の付き具合にムラがあるので、上からも振りかけて

スノー049

スノー052

出来ました!

スノーボ005


お好みで刻んだくるみなどを入れても美味しいです。
簡単でおいしいので、ぜひ試してみて下さい(^u^)


↓応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 雑貨ブログ かわいい雑貨へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




最新記事
カテゴリ
ランキング
リンク
月別 まとめ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも申請、お待ちしています!

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

肉球先輩

Author:肉球先輩
2014年10月から、ハンドメイドサイトminneやcreemaなどで猫雑貨を販売しています。

猫の手鍋つかみ、肉球鍋敷きなどの主にキッチン用品を制作しています。

その他、樹脂粘土による猫マグネット等もあります。